わきの汗の治療

脇

把握した情報

人よりも汗をたくさんかいている気がする、汗をかいていることで周りの人に悪い印象を与えているのではないか、というようなコンプレックスを解決したいと考えている人が多くいます。わきの多汗症を解決するには、様々な方法が考えられます。デオドラント、生活改善、ボトックス、手術などです。その中でも最も確実なのが、手術によって汗腺を取り除くことです。エクリン腺を取り除くことで、汗の量は激減します。ただし、全ての汗腺を取り除くことはできないため、若干は残ることになりますが、それでも最も確実に汗の量を減らす方法が多汗症手術であることは疑いようがありません。多汗症手術と比較すると、他の治療は一時凌ぎになります。デオドラントの効果は一日から数日、ボトックスであれば数か月程度で元に戻ります。費用や手間を考える場合は、手術をするのがおススメと言えます。

手術の注意点

多汗症手術には少なからず注意点もあります。まず手術の費用が比較的高額であることです。手術の費用は、一般的に10〜30万円程度からですが、保険適用の場合は数万円で済む場合もあります。また手術の場合は、皮膚にメスを入れるため傷跡が残る場合もあります。また手術後には一か月程度の固定期間が必要になるため、場合によっては、まとまった休みを取る必要も出てくるでしょう。多汗症を解決するためには、手術が最も確実ですが、汗の量がそれほど多くない場合は、ボトックス治療やデオドラントで十分と言えるでしょう。また最近ではミラドライ治療という、メスを入れずにわきが・多汗症を解決できる治療方法もあります。